Top


脳裏ノ記録


by shioru-days

プロフィールを見る
画像一覧

about me

もろもろ

www.flickr.com
shioru's items Go to shioru's photostream

画像一覧

以前の記事

2015年 07月
2015年 06月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

その他のジャンル

<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

0517「予感=何か事が起こりそうだと前もって感じること」

d0233865_19572967.jpg


雨と風の予感。

それは雷とともにやって来た。




寝ようと布団に入ると必ずコロ、所謂ミニチュアダックスの方が顔をなめにくる。
およしよ、わたしは浮気なんかしないンだよ!といった勢いを持って腕でガ―ド。
その応酬の最中も掛け布団を捲ると、何食わぬふうに指定位置に収まるレオン。
気温も上がってきたこの頃、最初はぴたっとくっついてるけど、
そのうち温まってくると涼を求めて出ていく。

マイペースなやつめ。

ま、13キロも14キロもあるのをこの細‥いや、この腕に乗せなくてもいいので
気楽といえば気楽なんだけど。

コロがひざの上に乗ってくると、もしかしてやきもちやくかなと窺っていると、
まったく動じない。
自分も膝に乗りたくなると、まるでコロなんていないかのように割り込んでくる。
体格差から押し退けられるようにするりと滑り落ちていくコロ。
昨日はわたしのひざの上のコロの上に乗ってきた。

どこまでもマイペースなやつめ。

なのに。
ちょっとでもこれなに?といたずらを叱る素振りを見せると、物凄く腰低く機嫌をとりにくる。

したたかなやつめ。

わたしの旦那さま兼彼氏として寄り添ってくるのはレオンだけだから「仕様がない」と
それで済ませるわたしもわたしだ。






   
[PR]
by shioru-days | 2012-05-17 20:24

0516「海風に吹かれて」

d0233865_223923.jpg


それほど青空でもなく、太陽もぎらぎらじゃないのに暑い日。
海へ行くと風が涼しく気持ちがいい。

波をじっと見ていると、沖の方からやってくるうねりが
そのまま地球の動きの如く、面白い。

ぎらぎらしてないのに眩しい光りの所為で画面が見えずに
水面が右上がり。

いっぱい笑った一日だった。






    
[PR]
by shioru-days | 2012-05-16 23:02

0515「甘酸っぱいですとも」

d0233865_22391255.jpg



先日の母の日。
息子からプレゼントされたケーキ。

これを渡された瞬間は嬉しさのあまり号泣しそうになったけど
咳き込んでむせたふりして誤魔化す。
こんなふうにプレゼントもらうのってはじめてかも。
誕生日は忘れていたみたいだから、それも含めてのつもりだったのかな。


ちょうど翌日に勝負事(?)を控えていたので、漠然とだけど
「明日もいけるような気がする!」と、自信が湧いた。
結果、それはうまくいった。
ケーキの、息子の気持ちのおかげかといえば、
それはあとからとってつけただけで何の関係もないけど
嬉しいことが続いたので良きことかなと。
これから増幅させていく機を得たということで。

混んでいる駐車場で一台だけ空いているところを見つけて
「これで今日の運は使い果たした」
と言った人がいたけど、いやいや、それは違うでしょと。
つまりそれは始まりで招運したら、そこから育てて強くしていかないと。

何事も自分次第ですね。


と、こんなことを書きつつも。
泣くほど嬉しかった気持ちや、そのおかげでうまくいったよなんて
伝えたかったりするわけで。
面と向かってだと、やっぱり泣いてしまいそうなので
メールで伝えようと思ったけど、やっぱりやっぱり恥ずかしいので
何も伝えないことにした。
自分で思っている以上に息子のことが大好きなんですな。



さて、このケーキも最後の一切れは彼女にお裾分けという形で完結。
まぁ、別にいいんですけどね。






      
[PR]
by shioru-days | 2012-05-15 23:10

0510「夜の音がどこからか」

d0233865_23343269.jpg



思わぬ方から遅れながらにいただいたプレゼント。
夜のティタイムに活躍中です。

少し気温も低いこんな夜は特に。

そして夜の外気に触れていると、何処ともなく
少し寒かった頃の夜の音が聞こえてくる。
蛙も鳴いているのだけど、それに混じって肌寒い頃の夜の音が。

単なる気配だけなのかもしれないけど、正体は不明。



薬屋探偵妖綺談シリーズ。
買ったままにしていたのを漸く読んだはいいが、続きを読むべきかどうか。
一冊を読みきるのは早いけど、シリーズは長いんですねぇ、これが。
悪魔が生活のためにバイトと内職をしているというのは面白かったのだけど。






    
[PR]
by shioru-days | 2012-05-10 23:47

0509「甘いですねぇ」

d0233865_23371863.jpg


月の出が遅くなってきた。

そんな今夜。
煙草の火と並べて比べると、然程違わないくらいに赤い月が昇ってきた。



昨夜はレオンのいたずらに対抗して、一緒に寝てやらないと決め込む。
いつもとは反対の方に向いて知らん顔をして寝ようとしたら、やっぱりやって来た。
通例は左を腕枕にし、右だと少し勝手が違うと嫌がることもあるのに
素直に腕枕に収まるのがかわいくて、結局はそのまま抱き合って眠る。

はぁ、わたしも甘いですねぇ、と思いながら。






   
[PR]
by shioru-days | 2012-05-09 23:52